タイヤの概要と管理

タイヤの豆知識

タイヤに窒素を入れることによるメリット

ガソリンスタンドなどでは、タイヤに窒素ガスを充填することを推奨していたりします。
その理由としては、幾つかのメリットがあると考えられているからです。
まず窒素を充填することで、空気が抜けにくくタイヤの空気圧を一定に保つ効果が期待できるからです。
酸素や二酸化炭素などの気体はゴムを通り抜けやすい性質がありますので、抜けにくい気体を用いれば空気不足にもなりにくいのです。
しかも回転したり、夏の路面の状況などによっては熱が生じたりしますし、氷雪を走行すると冷えた状況となります。
こうした温度による圧力変化に強い気体であり、安定的に走行することが可能です。
また騒音対策としても、音を伝える速度が遅いことで、タイヤが回転する事による音を小さくする効果もあります。
それ以外に性質が不燃性であり燃えにくい点と不活性なため劣化がしにくくなる点も存在します。
なお宣伝としては、窒素を充填しておけば、空気よりも重量が軽いため燃費の向上にも寄与します。
以上の点からタイヤの充填物として適していると知られ、そういったことを宣伝されたりすることも多いです。

自動車のタイヤには窒素ガスが有用です。

自動車のタイヤに窒素ガスを空気の代わりに充填すると、空気圧の低下を軽減させるとことが可能です。
窒素ガスは通常の空気と比べて、ゴムには分子構造上隙間があります。
窒素ガスにはその隙間を通過しづらい性質があります。
自動車タイヤの空気圧は月に1回程度は空気圧を測定することが望まれますが、通常空気から置き換えると、その点検回数を減らせる利点があります。
しかし、普通の空気から置き換えても、まったく空気の漏れがなくなるわけではありませんので、適宜の空気圧点検は必要です。
なお、空気圧測定はタイヤが冷えている状態で測定することが重要です。
走行後すぐに空気圧を測定すると、内部の気体が高温になり、正しい空気圧を測定することが出来ません。
タイヤは自動車を支える重要な部品です。
路面との接地面積は、はがき1枚程度です。
接地面積が大きすぎても、小さすぎても自動車の安定性は確保できません。
それも空気圧で決まります。
安全のための重要な項目です。

pickup

妻の浮気 弁護士 渋谷
http://www.tase-danjotrouble.com/

Last update:2017/3/17