タイヤの概要と管理

タイヤの豆知識

タイヤの寿命を知って

ドライバーの中でもタイヤの寿命がどのくらいのものか、いつ頃に交換をすれば良いのかを分からないという人もいます。
何時ものスタンドですすめられてとか、車検の時に言われたから交換をしたと言う人も多いのです。
古いタイヤをずっと、そのままで走行しているといきなり破裂してしまう場合もあります。
それが高速道路を走っている時になった時には大きな事故にもつながりかねません。
そこまでのものでなくても、溝が減ってきたものでいると、雨の日などにスリップしたり、コーナーがスムーズに曲がれなくなってしまったりします。
タイヤの製造日の確認をしておくことです。
横に4〜6桁の数字で刻印されています。
全く走行していなくても、年数が経つと劣化していきます。
一般的な目安として3〜4年が交換する時だと言われています。
溝がすり減ってきて、残りの溝が1、6㎜を切るとスリップサインが現れてきます。
溝がそれ以下になってしまうと法令違反となり、公道を走ることはできません。
その時には車検は通りません。
寿命とも言えます。

初心者でもわかるタイヤの寿命について

安全な車の走行に必要不可欠なタイヤ。
劣化したままで放置しておくと、大事故につながりかねません。
思わぬ事態を招かないためにも、日頃から点検をしっかりしておくことが大切です。
タイヤの劣化具合を確かめる方法としては、表面の溝のすり減り具合を見るのが代表的です。
溝の中ほどにスリップサインと呼ばれる山がありますが、この山が表面の高さと均一になっていれば、それがタイヤの寿命です。
整備工場やガソリンスタンド、ディーラーなどで速やかに交換してもらいましょう。
またひび割れが表面に出ている場合も要注意です。
タイヤはゴム製品ですので、長期間使用し続けると伸びきった輪ゴムのように劣化します。
そのままで使い続けるといずれ破裂してしまいますので、この場合も早めの交換が必要です。
見た目の変化がどうしてもわからないという人は、製造された時期で判断することも可能です。
側面に製造された時期が刻印されていますので、それを見て交換するかどうかを判断をするといいでしょう。
使用状態にもよりますが、基本的には5年程度が寿命とされています。

おすすめWEBサイト 5選

最終更新日:2017/1/24